映画

朝はひどい雨、ひどい下痢。夜はシネマ神戸でニナ・メンケスの『クイーン・オブ・ダイヤモンド』を見る。鞄からカメラを出して写真を撮りたくなるようないいショットが何度も出てくる。しかしそれはたいてい、だらだらと続くシークェンスになる。あるいは、…

「しま」を抱っこして洗面台の縁に乗せて水を飲ませる。こしあんペーストも少しだけ舐めてくれた。私は、柚子が昨夜作ってくれたレンズ豆のスープを食べる。モーツァルト自身が指揮した《魔笛》の初演のオケにも入っていた、当時のオーボエの名手ヨーゼフ・…

朝から映画に行くつもりだったが、二度寝してしまって起きるともう上映が始まっている時間だった。髭を剃ってからの蓮實重彦はずいぶんつまらなくなったと思っているが、それでも「自分より見ているものが小さいと、軽蔑が働くんです。だから自分より大きい…

「しま」を点滴と抗生物質の注射に連れてゆく。前回とても暴れて柚子の手を噛んだので、今日は点滴の時から鞄の中に入れてある彼女の匂いがたっぷりついたバスタオルを頭から被せられた。しかし、抗生物質の注射が終わったあと、どすの効いた声で唸っていた…

神戸映画資料館で筒井武文によるドキュメンタリー映画史講義の第2回に参加。記録映画教育映画製作協議会の映画を見たが、プロキノの短篇が最高にかっこいい。筒井氏が「殺伐としている」と言ったが、まさに。それがたまらなくいい。中井正一も参加していた「…

MOVIX尼崎のレイトショウでジョナサン・グレイザーの『関心領域』を見る。 電車の中で『吐き気』を読んでいたら扉を挟んで前に坐っていた飲み会帰りの女の子が吐いた。これはもう仕方がないことなので、拭くものを差し上げた。明日の二日酔いが酷いものであ…

グレイザー論の頭の部分をようやく書き始める。CDばっかり買ってどうするんだろうと思いながら、ウゴルスキの弾く《展覧会の絵》を聴いている。終わりの「キエフの大門」への辿り着き方が、子供の頃聴いていたアシュケナージの壮麗な感じと全然違っていて、…

商店街の「りずむぼっくす」でウゴルスキの『ショート・ストーリーズ』を買う。夜、テアトル梅田に名前の変わったシネ・リーブル梅田でジョナサン・グレイザーの『関心領域』を見る。本数は少ないが、110分を超える映画をこれまで一本も撮っていないのは本当…

仕事のあと堂山のディスクユニオンでCDを引き取る。シネマ神戸まで出て、リュック・ベッソンの『ドッグマン』を見る。ノワールわんちゃん大行進。「ドッグマン」がドラァグクイーンになってからのショウのシーンがよくて、思わず泣いてしまう。マリサ・ベレ…

午前中「しま」をリュックに入れて病院に。血液検査。夕方にまた連れてゆく。点滴をしてもらって帰ってくる。柚子が帰ってくる。入れ替わりで出かけて、シネマ神戸でカール・テオドア・ドライヤーの『奇跡』を見る。はためく洗濯物は、社会の外、世界からの…

夜、仕事の帰りにシネマ神戸でカール・テオドア・ドライヤーの『ゲアトルーズ』を見る。疲れていて眠くて少しうとうとする。身体は寝ようとするが眼は見ようとするので齟齬があり、唇を噛んでしまう。これは今まで映画を見ていて初めてのことだった。扉とか…

夜、仕事の帰りにシネマ神戸でカール・テオドア・ドライヤーの『ミカエル』を見る。今日もTさんと会う。

仕事の帰りにシネマ神戸でカール・テオドア・ドライヤーの『裁かるゝジャンヌ』を見る。久しぶりにTさんと会う。連絡先を交換する。

洗濯物を干す。大島渚の『儀式』を途中までDVDで見る。夕方から出かけて病院に行ってからシネマ神戸でカール・テオドア・ドライヤーの『怒りの日』を見る。人生ベストテン入りするような物凄いメロドラマで真黒なノワール。『吸血鬼』と同じくきらきら光る夜…

帰宅してDVDでジョナサン・グレイザーの『アンダー・ザ・スキン』を見る。面白かった。

昼から梅田。ディスクユニオンでクレンペラーの《ヴァルキューレ》第一幕のCDを買う。夕方から新開地のシネマ神戸でリドリー・スコットの『ナポレオン』をようやく見る。トゥーロン攻囲戦や、エジプトでミイラと遭遇したりワーテルローで負けて英国の軍艦で…

柚子と待ち合せてシネリーブル神戸でマルコ・ベロッキオの『エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命』を見る。仕事帰りなので誘拐されてから少しうとうとしてしまったが、まるで小細工のない映画で、JLGの『奇妙な戦争』と同じショスタコーヴィチでが…

洗濯物を干して、ジョナサン・グレイザーの『記憶の棘』をDVDで見る。とても奇妙(気持ち悪いと言ってもいい)で、とても美しい映画。つまり《ヴァルキューレ》の第一幕なのだ。映画の中で使われる録音はショルティのものだった。母娘役のローレン・バコール…

ジョナサン・グレイザーのMVやCMの作品集を見る。このDVDのシリーズはとても懐かしい。昔、デザインとか好きな友達の部屋に行くとよくあったのを思い出す。

夜中にYouTubeで木村栄文の『祭ばやしが聞こえる』を見る。 ブレンデルとアバドで、ブラームスの《ピアノ協奏曲第2番》を聴く。最近ようやくブラームスが聴けるようになってきた。ベートーヴェンとかワーグナーを聴いていてもこんなことは思わないが、私にと…

マリ=ジョゼ・モンザンの『イメージは殺すことができるか』を読み始める。晩御飯を食べてから転寝してしまう。起き出してから夜中にマルジャン・サトラピの『キュリー夫人』を見る。とてもよくできている。マリー・キュリーの錯乱の場とチェルノブイリ原発…

エンゼルクリームとチョコファッションのカロリーが後者の方が断然高いことを初めて知って驚いた。 ハーバーランドのOSシネマズで柚子と待ち合せて『オッペンハイマー』を見る。私は二度目なのでするすると見ることができるが、悪くはないが非常に面白いとい…

ノーランの『TENET』をAmazonのプライムビデオで再見する。操車場の、上りと下りで貨車が行き交う間で、CIAがロシアのマフィアに拷問されているシークェンスは本当に素晴らしい。これをずっと見せてくれるだけでいいのに。それをやる胆力も覚悟もノーランは…

ハーバーランドのOSシネマズでクリストファー・ノーランの『オッペンハイマー』を見る。

ようやくドゥニ・ヴィルヌーヴの『デューン 砂の惑星PART2』をハーバーランドのOSシネマズで見る。正直『PART1』は最近のヴィルヌーヴの映画の中では凡庸な出来だと思ったが、この『PART2』はすさまじい。あちらとこちらの閉ざされた箱の中がなぜか繋がって…

ジュスティーヌ・トリエの『ソルフェリーノの戦い』を見る。『愛欲のセラピー』からヴィルジニー・エフィラの良さを抜いてしまうと、これがまだいちばんいい。おやじがベビーベッドで眠る子供の写真を撮るのだが、まるで死体を撮っているような気持ち悪さ。…

ジュスティーヌ・トリエの『愛欲のセラピー』を見る。ベルトラン・ボネロの傑作『サンローラン』のギャスパー・ウリエルが出ていて、そういえばもう彼は死んだんだったと思う。ヴィルジニー・エフィラの顔は好き。途中からゴダールの『軽蔑』ごっこのような…

昼に起きる。「しま」のごはんを準備して、枕カバーを洗う。洗濯機を回す。ロベルト・ユンクの『千の太陽よりも明るく』を読んでいると、レオ・シラードが出てくる。彼は1898年のハンガリー生まれである。それなら『黄金列車』のバログと、ほぼ同い年だ。ヴ…

ぶらぶら歩いて湊川公園まで出てパルシネマでジム・ジャームッシュの『ダウン・バイ・ロー』を見る。最初のショットからもう、ロビー・ミューラーの映像が見事で、むしろ、これを見に来たのだと思う。フレームの中にどんな光で、どんな物が、どれぐらい入っ…

朝から雨がざぶざぶ降っている。駅前の横断歩道のすぐ脇の低い街灯の上に濡れたカラスが留まっていて、どこかビルの上にいるらしいカラスと同じメロディで鳴き交わし合っている。シネ・リーブル神戸でタル・ベーラ(アサイヤスや黒沢清や鳥山明や岡崎乾二郎…