• 商店街の「りずむぼっくす」でウゴルスキの『ショート・ストーリーズ』を買う。夜、テアトル梅田に名前の変わったシネ・リーブル梅田でジョナサン・グレイザーの『関心領域』を見る。本数は少ないが、110分を超える映画をこれまで一本も撮っていないのは本当に立派だと思う。この映画も、この尺だからこそ効いている。帰宅して柚子のカレーを食べる。