• シネマ神戸でリヴェットの『北の橋』を見る。パスカル・オジエの出てくるところは(それだけではないが)どこもかしこも最高。ビュル・オジエの「過去の火遊び」というのはおそらく1968年の不発の革命のことだろう。怪人クモ男の攻撃を受けて繭の中で眠り込んでしまうパスカル・オジエを、ビュル・オジエがナイフで切り裂いて救出するシーンの美しさ。こちらは母と娘ではなく父と息子だったが、ドン・キホーテの引用から矢作俊彦の『スズキさんの休息と遍歴』を思い出したりもする。パスカル・オジエとジャン=フランソワ・ステヴナンの空手のレッスンの跳ね回る楽しさ美しさ。しかし、こんなところで映画を終わらせることが、よくできたものだ。
  • 続けてリヴェットの『メリー・ゴー・ラウンド』を見る。ジョン・サーマンとバール・フィリップスのセッションのパートはひたすらかっこよくて、ときどき彼らの奏でる音楽はサウンドトラックとして別のシークェンスにも流れ込むのだが、これは一体? ジョー・ダレッサンドロが森の中を必死で逃げ回り、マリア・シュナイダーが砂浜を追われるシークェンスもまたとびきり美しく、おそらく彼らの夢のようなのだが、これはつまり何なのだ? 映画なんて判らないのが当たり前なのだが、しかし自分の中で判るようにしながら見ないと判らないことすら判らない。そもそもリヴェットはそこでいきなり起ってしまうことを見事に掬い取ることに長けているのだから、ミステリは向いてないんじゃないかと惑いながら見ていたのだが、モーリス・ガレルの演じる霊媒の男が出てきてから俄然面白くなる。霊媒とは、そこに彼のままでいるのだが、そこにいないものと繋がり、彼ではないものを代理表象してそこに現前させる(かのような状況を作る)ものだが、ようやく『メリー・ゴー・ラウンド』でリヴェットがやりたかったであろうことが判った気がする。しかし、天衣無縫の酔拳の使い手のようなリヴェットでもこんなに混乱してうまくいっていない映画を撮るのかと思うと、おかしな言い方だが、安心する。
  • 映画が終わってもまだ明るい初夏の空。大和家パン店で揚げたアンパンを買って食べる。店に入ると、おじいさんはガラスケースの向こうで、椅子に坐って居眠りをしていた。

  • 2015年以降、今年がいちばん多くこのブログを書いている。たぶんTwitterがつくづく嫌になったことと、しかし、つまらないなりに心が動くこともあれば、それを書き留めておきたいという気持ちがあったからだろう。

  • 新開地まで出て、シネマ神戸でジャック・リヴェットの『デュエル』と『ノロワ』を見る。『デュエル』はパリのいかがわしいダンスホールを舞台に、いきなり鏡が割れたり異能者たちの超能力バトルみたいになってゆくのは面白かったが、掴み損ねているうちにしばしば眠ってしまう。
  • ノロワ』は冒頭の耳をつんざく波の音と、アルトマンの『ウエディング』の頃のジェラルディン・チャップリンが浜辺で復讐の言葉を英語で誓いながら弟の死体を撫でさする滑らかとは言い難い奇妙な手の動きや、つるんと美しい拡がりの額などに見惚れているうちにあれよあれよと、ベルナデット・ラフォンの演じるゴージャスな女賊との最後の決闘まで辿り着く。黒いドレスの女が小銃をステッキのようにして海に向かって立つショットや、浮桟橋のざぶりざぶりの大揺れを何とか撓めながら掠奪してきた大箱小箱を船から運び出すシークェンスや、蝋人形のような弟の死体や男たちの剣戟や裏切者への罰や『宮本武蔵』のようでもあり『必殺仕事人』のようでもある最後の戦いや、画面に映りながらサウンドトラックを奏でるジャン・コーエン・ソーラルたちなど、何もかもバロックっぽく、あらゆるものが作り物めいているせいで、ダンスは死闘に、死体のふりはすぐに本物の死体に成り代わってしまうし、その逆も然り。とても奇妙で、とても素敵で、たまらなく好きな映画だった。
  • たまたま映画館で出会った資料館のTさんに映画が終わってから「これはすごいですね」と言うと、「お好きだと思いました」と笑顔が返ってきた。

  • IZ*ONEの《Mise-en Scène》には「ミーザンセーヌ」とそのままするっとひと繋がりに歌うところと、「Mise-en」で溜めて「Scène」でぐーっと延びるところがあるのだが、この中断と解放が聴きたいばっかりに、何度も繰り返しリピート再生している。
  • 映画を見に行こうと傘を持って家を出たが、途中でマスクをしていないのに気付いた。わざわざ買うのも面倒なので、映画は後日にすることにして、家に戻る。「しま」が降りてこいと階段の下で鳴いている。ネグリ=ハートの『アセンブリ』を読み始める。「憤怒や怒りは、成果のないままわだかまり、だらだら長引くとき、絶望か諦めに崩れ落ちてしまう危険性がある。」「政治思想の中心的な任務の一つは概念をめぐって闘争すること、すなわち概念の意味を明らかにしたり変容させたりすることだ。起業家活動は、社会的生産にやけるマルチチュードの協働形態と、政治的な見地から見たマルチチュードの集会=合議体(アセンブリ)を繋ぐ蝶番としての役割を果たすのである。」この本でいちばん最初に引かれるのはヘーゲルの言葉で、そして「蝶番」というのは「扉がそれを中心にして回転する軸のことである」と始まるドゥルーズの「カント哲学を要約してくれる四つの詩的表現について」を思い出させる。

  • 仕事の帰りに髪を切って、帰ってからシャワーを浴びて髪も洗う。二階の窓を網戸にしてがらがら開けて、冷たい風が吹き抜けるなかを蒲団の上に転がって『攻撃される知識の歴史』を読んでいる。

  • 朝ゴミを出して飯を食ってから、シネ・リーブル梅田で青山真治の『ユリイカ』を見る。公開時には会社の机に横長のチラシを貼って、退職するまでずっとそのままにしていたぐらいなのに、映画館で見るのは初めて。
  • 小学校の時の同級生(テストの答えを見せてやった程度で、親しかったわけではない。頭が悪くて気が弱くてイキりの、つまり馬鹿だった。小学校を卒業してから会ったこともない)が、十年ぐらい前に沖縄で死んで、その時のことを映像で見たような記憶があったのだが、それはこの映画で兄妹たちの父親の自殺のような自動車事故のショットだった(今調べたら同級生が死んだのは夜じゃなくて朝だった)。『ユリイカ』初見のときの自分は、青山真治という同時代の映画作家に厳しすぎたかもしれないと思った。アメリカ映画を懸命に模しても、どうしたって日本でしかなくて、ちょっとみっともないとすら思っていたが、幾らアメリカ映画をやろうとしても決してアメリカ映画になってくれないのが日本の映画なわけで、それは金村修が東京で幾らフリードランダーをやろうとしてもどうしても汚い看板やらが入ってくると言っていたのと同じだ。アメリカ映画でもヴェンダースでもいいが、それを真面目にやればやるほど純化された日本映画が出てきてしまうというのが、青山真治の映画だったのだ。土木工事の現場と、事務所の水の流れのあるどちらも朗らかでもの悲しいシークェンス、バスの壁の共鳴し合うノックと、それに気づかず眠っているものの安らかな寝顔のショットがちゃんとあることの優しさ、宮崎あおいがポラロイドで役所広司をシュートすることで、バスジャックの射殺の暴力が反復されながら別の場所に転り出るシークェンスの鮮やかさなど(アイラ―の《ゴースト》がこの映画で流れるのは象徴的で、あの時代からずっと私たちはゴーストに就いて、今も考え続けているはずだ)、田村正毅の見事なカメラも相俟って、とても美しい箇所が幾つもある。鳥の声を案内するラジオ、送られ続ける信号(窓辺の電燈、壁のノック)、奇妙な共同生活、噴出する暴力と殺人、総てを呑みこむ大洪水、と画面を見つめながら、もちろんジョン・フォード北野武も思い出しつつ、しかし最も大江健三郎の『洪水はわが魂に及び』を思い出した。『ユリイカ』がそれだったとすると、青山には、彼にとっての『懐かしい年への手紙』や『取り替え子』を撮る可能性もあったわけだ。R.I.P.
  • 須田亜香里が劇場公演で卒業発表したらしい。今日だーすーが劇場に出ていることすら知らなかったぐらい今自分はサケカスとしては終わっている。でも、よくここまで続けてくれたなあ、ありがたいなあという気持ち。須田亜香里がいなければ私はドルヲタ(とてもヌルいけれど)になることもなかった。9/24のガイシの卒コンは何としても行きたい。もう一度SKEファミリーに入りなおすか。