• 洗濯物を干してから、Oギャラリーeyesまで出て、中小路萌美の「遠い色」展を見る。今回は空間の展開よりもさらに、その空間がぐにゃりと歪む時間の経過のほうに表現の重点があるように思う。
  • 「しま」の薬を病院に取りに行く。クルレンツィスの指揮で《フィガロの結婚》の第一幕を聴いている。

  • 帰宅すると東京国立近代美術館の「中平卓馬 火・氾濫」展の図録がようやく届いていた。さすがに立派な出来。
  • 『作業日誌』の1954年7月8日を繰ると、ブレヒトがさっそくオッペンハイマーの「弁明書」を読んでいるのが判る。「彼の文書は、肉の調達を拒否したといって食人種から訴えられた男の書いたものを読むようだ。しかもその男は弁明のために今、人間狩りの最中、湯沸しに使うまきを集めていたと申し立てているわけである。何というくらい谷間!」と書いている。その前日の7日には、「この国は相変らず不気味だ」と書き始め、「文芸部の若い連中」と旅行に行ったとき「突然、もし十年前だったら、この三人はみんな、僕のどんな著作を読んでいたとしても僕が彼らのいるところに姿をあらわしたら、直ちに僕をゲシュタポに引き渡しただろうと、ふと考えた」と書いている。
  • 夜、ナンバさんとシノギさんと『オッペンハイマー』について話す。終わると疲れ切って倒れ込むように眠る。
  • 「「核融合」と題されたパートは全部切ってしまってもいい」と言ったが、ナンバさんと話して、あれは「原爆の父」から拒絶された子供の復讐劇なのだと読んでもいいかもしれないと思う。ストロースが結婚式のあとの我が子をオッペンハイマーに紹介しようとするが、にべもない。「水爆の父」になってくれず、グローヴスのような栄光も与えてくれない父への復讐。

  • エンゼルクリームとチョコファッションのカロリーが後者の方が断然高いことを初めて知って驚いた。
  • ハーバーランドのOSシネマズで柚子と待ち合せて『オッペンハイマー』を見る。私は二度目なのでするすると見ることができるが、悪くはないが非常に面白いというわけでもないという評価自体は変わらず。

  • ベンハミン・ラバトゥッツの『恐るべき緑』を読み終える。エピローグの「夜の庭師」がくっついていることをどう評価するかだと思うが、これがあるから独特の印象を残す「歴史」についての(語り方も含め)小説になっていると思った。

  • 昼前から柚子と新幹線で名古屋まで出かける。ベンハミン・ラバトゥッツの『恐るべき緑』を読み始める。ナゴヤドームSixTONESの《VVS》を見る。松村北斗は『夜明けのすべて』で『すずめの戸締まり』だから、いい声なのだが歌声がいちばんいいと思う。京本大樹は女の子のような顔をしているがときどきごりごりの男の子だなあと思う。森本慎太郎は何とも言えずいいなと思う瞬間がある。しかし、ずーっとよかったのはジェシーだった。サイリウムも赤だし。ナゴドを出ると雨。